トレンド

ドラマ『ルパンの娘』|深田恭子が演じる悪キャラ、“ドロンジョ”の次は泥棒スーツ!?簡単あらすじも紹介

rupannomusume

7月11日(木)から毎週22時に放送される『ルパンの娘』

『ルパンの娘』は、代々泥棒一家の娘役であり主人公の三雲華(みくも はな)を演じる深田恭子さんと、

代々警察一家の息子であり三雲華の恋人である桜庭和馬(さくらば かずま)を演じる瀬戸康史さんが、お互いの素性を知らないまま禁断の恋愛を描くドタバタラブコメディー。

23日、深田恭子さんの泥棒スーツ姿が公開され、今話題になっています!

ドラマ『ルパンの娘』のあらすじ

代々泥棒一家の娘・三雲華と、代々警察一家の息子・桜庭和馬との、許されない関係にある恋人同士の恋愛を描くラブコメディー。

泥棒一家“Lの一族”の娘で、家族の誰よりも盗みの才能がある三雲華(深田恭子)。

rupannomusume

しかし華は、家業である泥棒として生きるのではなく普通に暮らしていくことを夢見て図書館の司書として働きます。

華の家族である“Lの一族”は、悪党しか狙わないことをモットーに盗みをしていますが、盗みの計画の先には優秀な刑事であり華の恋人である桜庭和馬が関わってしまいます。

rupannomusume

そんな和馬は運が悪いことに、悪党たちに襲われ窮地に立たされることもしばしば。

だいすきな恋人・和馬を救うためにも、葛藤しながら一家の泥棒の手助けをしてしまう華ですが・・・?

 

原作の小説『ルパンの娘』の感想では、

・「物語の展開が多くて飽きが来ず、大どんでん返しも何度も来て面白い!」

・「350ページにも満たない物語やのにハラハラドキドキでめっちゃ楽しかった!! なによりキャラクターが全員いい!! 」

と評価の高いコメントが多く集まっています。

実写化となったドラマの『ルパンの娘』も、かなり期待されています!

Lの一族の“L”の意味

rupannomusume

「Lの一族の“エル”って何ぞや?」

と思われた方も多いのではないでしょうか?

Lとは、大泥棒ルパン“LUPIN”の頭文字の“L”を指しています。

Lの一族は、やたらめったらに盗みを働く盗賊ではなく、悪党しか狙わないことをモットーにしている優しい泥棒の集まりなのです。

瀬戸康史、イメージに合わせて10キロ増量

深田恭子さんこと深キョンが切る泥棒スーツ以外にも話題になっているのが、

桜庭和馬というキャラクターイメージのために10キロ体重を増量させた瀬戸康史さんの肉体美!

rupannomusume

本作のために筋トレを積み重ね、ガッチリとした体になった瀬戸康史さんは、

瀬戸康史
瀬戸康史
メイクとか髪型だけではなくて、体格で表現の幅を広げられるのはうれしいです。

やはりこの仕事をやっていないと経験できないことだと思うので、つらさはありますけど、作品につかっている感というか、挑んでいる感があるので楽しいですね

と役者魂をのぞかせています。

泥棒スーツの作成者、過去に“ドロンジョ”のスーツも作成!?

Lの一族の泥棒スーツのデザインを担当したのは、人物デザイナーの柘植伊佐夫さん。

舞台、映画、歌舞伎、音楽など、多岐に渡りデザイン、スタイリングを担当している柘植さんですが、

過去に映画『ヤッターマン』(2009年3月7日公開)にて、深田恭子さんが演じたドロンジョの衣装デザインも担当。

rupannomusume

今回の泥棒スーツの制作で、深田恭子さんが演じる悪キャラの衣装作成は2回目ということですね!

主題歌はサカナクション

sakanakusion

『ルパンの娘』の主題歌は、サカナクションの「モス」。

モスは、6月19日にリリースされた6年ぶりとなるニューアルバム『834.194』に収録されています。

「モス」の歌詞

君のこと
(ソウゾウデキズニ)
知らなくていいや
(ソウイウフンイキ)
僕はまだ
(ソウゾウデキズニ)
探していたんだ
(ソウイウコトバガ)

抱えても叶えられないこと
比べても負けると分かっていたんだ

繭割って蛾になるマイノリティ
揺れてる心三つ目の眼

飛び交う蛾になるマイノリティ
雨に打たれて羽が折りたたまれても
(Uta-Netより歌詞一部抜粋)

歌い始めの歌詞が、お互いの素性を知らない華と和馬を少し思わせますね・・・。

みんなの声

https://twitter.com/nano209/status/1143004375373082624

https://twitter.com/garu2sensyougun/status/1142991287412355072